さがみの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャコメッテイ展・六本木国立新美術館

<<   作成日時 : 2017/08/01 10:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フランス語を和訳した、少々わかりづらい説明文を読みながら回顧展を巡った。
陶芸をしていると彫刻家にあこがれる。
土の中から線をだしていく・・・
そのギリギリの線をジャコメッテイは出しているのか、今回は細長い立像の作品が多く集まっている。

デッサン画も展示されていた。
彼は街角を行き来する人たちをデッサンしていた。
ふと子供の時、自分の長い影法師を面白がって踊ってみたりした事を思い出した。
作品群像の雑踏の中を交差する人々の足先、体の傾きが面白いと思った。

壁面に在りし日のジャコメッテイその人が歩く姿が映っていた。
作品の肩から上の風貌は、作者にどこか共通するものがある。
頭部の後ろー首ー背骨の線だと思った。
ちょっと気難しそうな人にも見えたが、ジャコメッテイの作品がが好きなのは「首」のたたずまいだ。

会場では、写真撮影可能のコーナーがあった。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャコメッテイ展・六本木国立新美術館 さがみの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる