さがみの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 神立 箸

<<   作成日時 : 2017/05/31 10:53   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

何気なく見ていた「白洲正子が愛した京都」という番組の中で、箸は、食べ物を口に渡す、橋であるというよなことを言っていた。
そして、神立 箸についても触れていた。
神立は、郷里のいずもでは(かんだち)という。
毎年、斐伊川の河原で花火大会があり、「神立橋行き」のバスは満員でのりきれない。
そこで、家の近くの上成橋(じょうなり橋)から、タラタラと人混みに交じって高瀬川沿いを歩き、大混雑の神立橋付近で土手に降り花火見物をした。
そうだ、神話の中で箸が流れてきて・・・という場面がある。
番組では、木箸の先を削り、双方をあわせるとひし形になる・・と言っていた。
そうか,箸は奥深い世界なのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神立 箸 さがみの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる