さがみの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ビニコでバックを作った。

<<   作成日時 : 2017/06/05 19:28   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今は、ラミネート加工生地=ビニールコーティング生地→ビニコでネットショップで探せる。

以前、横浜西口に、ジョイナスに繋がった商業施設【シャル】があった。
電車の乗り継ぎの2Fの通り道に、「ふらわーごと」という生地屋さんがあった。
洋服生地やインテリア生地に好みの柄があり、よく通った。
あるとき、傘袋の見本があり、ちょっと変わった風合いの生地に、(これは何?)と尋ねると、「ラミネート生地」ということだ。
木綿生地にロウ引き加工したものと答えられた。
これで手提げバックを作ると、母は気に入り、何枚もリクエストされた。
 「まあ、すてき」
 「横浜で生地を買って娘が作ってくれたもの」
 「まあ、、いい娘さんがいてイイデスネエ・・」
 「差し上げると喜ばれるから、あと数枚つくって」
と母の友人知人のため、延べ100枚は作った。

先日、友人が「これ使い勝手いいわね」と玉つきファスナーのビニコ袋を見せてくれた。
このビニコで小袋を作ると、滑りがいいのでバックの中のものを出すとき、これまでのガサガサゴソゴソを一気に解決できる。

20数年ぶりに思いついたが、、店頭に好みの柄がなく、ネットショップで柄を探すことにした。
しかし、いいなと思うものはたいがい品切れ中になっている。
これは、気に入れば即断を要するようだ。
ふと面白い柄が目に留まり、これを含め3柄を注文した。
玉つきファスナーをつけて16、18、20.22センチのサイズで、化粧品入れ、チケット入れ、飴入れ・・・とサイズと色柄を変えて数種類作った。
以前このビニコ生地は、縫う時はミシン押さえにひっかかり、滑りに悪戦苦闘した。
そこで今回直接表生地を縫わないよう、持ち手は異素材、玉つきファスナーで楽々仕上がった。
このお気に入りは大柄なので、110p幅の三分の2を使い、手提げバックにした。
画像

画像

LIBERTYリバティプリント・国産つや消しラミネート(ビニールコーティング生地)
<Victorian Trip>(ヴィクトリアン・トリップ)MATLAMI-DC29099-J16D リバティ ラミネート 生地
  〜Victorian trip ヴィクトリアン・トリップ〜
1949年のリバティのスカーフ用の柄ホビー・ホースをヒントにした楽しいカンバセーショナル柄です。
イギリスのヴィクトリア朝の風景の中から、にぎやかな通りを自転車に乗った男の人が犬たちに追いかけられる姿が現れます

1949年発案という年号にもグッと魅かれた。





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビニコでバックを作った。 さがみの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる