パッチワークをリメイク

子供が小さい頃、私も勢いがあった。
つつましい生活を描いた「大草原の小さな家」のパッチワークに目を見張った。
百貨店で開催されていたパッチワーク展に足を運び初めて本物をみた時は、その存在感に感動した。
3人の子供たちの服を手作りしてきて端布が溜まったので、パッチワークを始めた。
本屋さんへ行くと手芸ブームの真っただ中たくさんの教本があったが、中でも「松浦香苗の・・・」の配色が好きだった。
カバーやバッグ、タペストリーと、夢中で作った。
家の中は壁やテーブルにうるさいほど作品を置いた。
やがて、好みが変わっていくと引き算をしていき、作品は友人へあげたり実家や妹の所へ送った。
10年前実家を整理した時久しぶりに自分の作品と対面してみると,このまま処分してしまうことはしのびず再び我が家に持ち帰った。
再近しまい込んだ作品を取り出してみると、作った時のことをいろいろと思いだし、これらをリメイクして蘇らせてみようと思った。
手間はかかるが、タペストリーのピースをひとつずつ解いた。
なんになる?
台布を新しくして張り付けて再生した。
そのまま母のベッドカバーになるものもあった。
中に、長男のために作った飛行機をモチーフにしたタペストリーがあり、解いてバッグにリメイクしてみた。
姪の双子の赤ちゃんは男の子と女の子なので、それぞれ絵本バッグにするだろう。
画像


画像


画像


画像


画像

娘が小学生の時、お気に入りのトレーナーの柄をキルテイング生地にアップリケをした。当時のナップザックをリメイクして持ち手を付けた。お揃いで姪につくったのだが妹も保存していた。物持ちの良い姉妹だ。
画像

チョウのデザインに感心し、花畑のイメージで作った物も、時をすぎると台布の柄がうるさく感じた。
光沢のあるグレーのサテンに変えると、ピースの柄が生きてきた。
妹のワンピースの丈を直した時の端切れ、母のジャワ更紗の残り布、柄の中の一色の無地のため何度も布を置き換えて、並べるときも右往左往したものだ。
だんだん自分なりの法則(センス)ができた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック